メールやスケジュールなど、
ビジネスに必須な機能を
よりセキュアに利用できる

Optimal Biz Secure Sync

社外でのモバイル利用をよりセキュアに実現

「Optimal Biz Secure Sync」とは、「Optimal Biz」のオプションとして、メールやスケジュールなどのビジネスに必須な機能を端末にデータを一切残さないアプリです。そのため、万が一端末を紛失・盗難した際にも情報が漏えいすることなく、安心して端末を活用いただけます。会社支給の端末のみならず、BYOD※にも最適です。

情報漏えい対策

デバイスに情報を残さない

カレンダー、電話、メール

業務に必要な多彩な機能

外部サービス連携

外部サービスと連携して効率アップ

MDMと併用してより安全

MDMとの併用でより安全で安心

スマートフォン、タブレット、パソコン対応

マルチデバイスに対応

クラウドとオンプレミスに対応

クラウド、オンプレミスの両方に対応

  • ※BYOD:Bring your own deviceの略。従業員が個人所有の端末を職場に持ち込み、業務で利用する事。

電話

BYODにも最適な電話機能

BYODにも最適な電話機能が搭載されています。Cisco UCMやNECのSVシリーズなどのIP-PBXと連携すると、社内の電話の着信時にプッシュで発信者を表示や発信履歴をモバイルで確認できます。さらに050発信、09ABJ発信などキャリアサービスとの連携もでき、公私分計がとてもかんたんになります。

メール

会社で利用されているメールサーバーと同期

会社で利用されているメールサーバーと同期し、メールの確認や送受信、アドレス帳やカレンダーを利用することができます。端末で利用しているメールではなく、業務専用のサーバーを利用可能となり、端末に送受信履歴を残しません。POP、IMAP、Microsoft Exchange/Office365、IBM Lotus Notes/Domino、G Suite(IMAP)など多く使われているプロトコルに対応しています。

ストレージ

クラウドストレージと連携

外出先からでも社内にあるCIFS対応ファイルサーバやMicrosoft SharePointやDropboxなどクラウドストレージへ接続し、必要なファイルにアクセスできます。Secure Syncの独自ファイルビューアで閲覧するので、使用後にデバイスにデータが残らないため情報漏えいのリスクが低いです。

CRM

CRMの機能

直接CRMのAPIと連携していますので、Secure Syncのアプリ画面から直感的にCRMの機能へアクセスできます。顧客情報の閲覧や日報など、CRMの機能をそのままモバイルに最適化された画面で利用できます。もちろん利用後にデータがデバイスに残しません。社内のCRM ServerとスマホをつなぐGateway Serverにもデータを残しませんので、万が一Gateway Serverが攻撃を受けても企業情報に影響はありません。

アドレス帳

クラウドアドレス帳

各種グループウェアの個人アドレス帳だけでなく、グローバルアドレス帳(ADやLDAPアドレス帳)や独自のアドレス帳も利用できます。データはクラウドや各システムに保存され、Secure Syncのアドレス帳で参照するだけなので、デバイスに情報を残しません。それでもモバイルデバイスの標準アドレス帳と同じようにコンタクトの情報をタップするとメールの作成や電話の発信ができます。

カレンダー

グループウェア(Office365、サイボウズなど)のカレンダーへアクセス

カレンダー機能ではグループウェア(Office365、サイボウズなど)のカレンダーへアクセスし、月間、週間、日単位で予定の確認や変更を行えます。ウェブブラウザの利用は必要なく、直感的なモバイルデバイスに最適化した画面から利用できます。その上、Microsoft Exchange、Office365、IBM Lotus Notes/Dominoのグループウェアでの会議開催通知も表示させられます。

セキュアブラウザ

セキュアブラウザ

海外出張や休日でも社内の業務システム利用を実現します。社内イントラの画面イメージや遷移をそのまま利用できるので、PCと遜色ない対応が可能です。その上、SAMLやKerberos、NTLM、BASIC認証など、様々なサインオン方式をサポートし、SSO(シングルサインオン)対応しています。ページ遷移やアプリの終了時にアプリ上のキャッシュデータを消去するので、端末にデータが残りません。

認証

外部アクセスを防ぐための認証機能

外部アクセスを防ぐため、パスロジック、SECUREMATRIXなどメジャーなパスワードソリューションとの連携や、ADやLDAP、ADFSやSAML2.0のフェデレーション認証に対応して、様々な認証方式を実現しています。その上、デバイス制限などSecure Sync独自の機能でセキュリティ強化できます。iOSやAndroidの指紋認証との連携も可能です。

Optimal Biz(MDM)との併用で

より安全で安心

デバイスセットアップ時に
Optimal Bizでかんたんにアプリ配信

アプリ配信
社用デバイスでSecure Syncを利用する場合はOptimal Bizのアプリ配信機能を使ってSecure Syncのインストールを強制させられます。

アプリケーション管理で
漏洩のない運用を実現

アプリケーション管理
特定なアプリの起動を禁止することで、Secure Sync以外のメール、ブラウザ、アドレス帳など、業務外の利用を防げられます。また、新しいアプリのインストールを禁止することやアプリのアンインストールを制限することでより安全な運用が実現できます。

ポリシー設定や遠隔操作で
さらにセキュリティ向上

ポリシー設定や遠隔操作
デバイスの基本機能に関する設定や制限ができるため、暗号化設定やパスワードポリシー設定でデバイスへのアクセスを制限できます。また、デバイスの盗難・紛失の場合に位置情報取得やリモートロック・ワイプでの対策も可能です。

クラウド、オンプレミスの両方に対応

クラウドホスティング提供(推奨)

クラウド
お客様の設備内にグループウェア等への接続用ソフトウェアをインストールするだけで、簡単に利用が可能です。

オンプレミス提供

オンプレミス
お客様設備内にオールインワンを構築することでアプリのご利用が可能です。お客様環境へのソフトウェアのインストールおよびアプライアンスサーバーの設置提供が可能となります。

社外のモバイル活用をよりセキュアに実現 - 30日間無料トライアルも可能

まずは気軽にお問い合わせください。

無料トライアル