ゼロタッチ登録(Android zero-touch enrollment)とは?

ゼロタッチ登録(Android zero-touch enrollment)とは?

みなさんは「ゼロタッチ登録(Andoroid zero-touch enrollment)」という言葉を聞いたことがありますか?

ゼロタッチ登録とは、多数のAndroid端末を一括で設定するための機能です。
IT管理者はクラウド上で設定を行うことにより、デバイスに触れることなく、まさにゼロタッチで設定を完了させることが可能になります。

ゼロタッチ登録の概要

「ゼロタッチ登録」は、Googleが提供する法人向け端末管理フレームワーク「Android Enterprise」に含まれる機能の一つです。
「ゼロタッチ登録」に対応した事業者から同じく対応しているAndroid端末を購入することにより、端末の電源を入れてから僅かな操作だけで自動的にMDMやEMMエージェントなどの管理アプリのインストールおよび設定までを行うことが出来ます。

ゼロタッチ登録の利点

これまで、企業がAndroid端末を導入する際には、Googleアカウントの設定やMDMやEMMエージェントアプリのインストールとなどの各種端末設定を1台ずつ手作業で行う必要がありました。
そのため、導入するAndroid端末の数や機種が増えるほど、IT担当者にはキッティングやマニュアル作成といった作業負担が大きくなるという課題がありました。

しかし、ゼロタッチ登録を利用すれば、Android端末の電源を入れるだけでGoogleアカウントは自動で生成され、MDMやEMMエージェントのダウンロードが自動で行われます。
認証情報を入力するだけでMDM・EMMの管理下におくことが可能になるため、端末キッティング効率の大幅な向上が見込めます。
また、端末の初期状態から設定が開始されるため、ユーザーが使い始める前にAndroid端末を確実にMDM・EMM管理下に置くことができセキュリティの向上にもつながります。
さらに、ゼロタッチ登録を利用したキッティングでは、管理アプリは自動的にDevice Owner Modeとして動作するようになるため、MDMやEMMエージェントのアンインストール抑止などの各種強力な管理機能が利用可能になります。

Optimal Bizとゼロタッチ登録の連携の例

当社が提供するOptimal BizはGoogleから公式に認定をうけた、ゼロタッチ登録EMMパートナーの1つです。
Optimal Bizとゼロタッチ登録を連携させることで、多数のAndroid端末を効率的にMDM管理下で制御することが可能になります。
たとえば、従来はキッティング前に端末情報を管理サイトに登録したい場合、管理者が手動で登録作業を行う必要がありましたが、Optimal Bizとゼロタッチ登録の連携設定をおこなうだけで、キッティング対象の端末情報をOptimal Biz管理サイトに自動登録することが可能です。
これにより、管理サイト上であらかじめセキュリティ設定などを割り当ててからアクティベーションする、といった使い方が可能となるため、必要な設定が適用された状態で端末の利用を開始できます。

また、端末管理を開始するためには、Optimal BizのAndroidエージェントアプリで認証作業を行う必要がありますが、この設定についても企業コード/ユーザーIDが自動設定されることにより、認証コードの入力のみで認証が可能です。

Optimal Bizとゼロタッチ登録の流れ

おわりに

スマートフォンの登場から10年以上が経ったいま、業務端末としてスマートフォンやタブレットを利用することも当たり前の光景となってきました。
また、働き方改善の一環としてテレワークの導入を進める企業が増えてきており、モバイルデバイスの管理は企業のIT管理者にとって重要な業務の1つとなっています。
ゼロタッチ登録機能は、そんなIT担当者の労務負荷を軽減し、管理を効率化するためのキーソリューションです。
ぜひともこの機会に、ゼロタッチ登録についてご検討してみてはいかがでしょうか。

このブログの免責事項について

OPTiM オンラインセミナー

Optimal Bizの情報を配信中

詳しくはこちら

国内シェアNo1 MDMのOptimal Bizを14日間無料トライアル

無料トライアルして端末管理の効率化、セキュリティの向上を実現してみてください。

無料トライアル