2018年国内エンタープライズモビリティ管理ソフトウェア市場 ベンダー別 売上額実績シェアNo.1を獲得

オプティムは、IDC Japan株式会社※1(以下IDC Japan)が発刊した調査レポート「国内システム/サービス管理ソフトウェア市場シェア、2018年:SaaSとITオペレーション分析の本格化」において、MDM※2・PC管理サービス「Optimal Biz」が、「国内エンタープライズモビリティ管理(以下 EMM※3)ソフトウェア市場 ベンダー別 売上額実績/シェア」の2018年国内EMMのベンダー別売上額実績として16.6%を獲得し、シェアNo.1※4となりましたことをお知らせいたします。


■調査レポート内容

本調査レポートは、ベンダー/販売チャネル/ユーザー企業に対するベンダーインタビューや決算資料等の各種公開資料、市場動向、IDC保有の市場予測モデル等の調査をもとに、IDCとして最善の推定値を示したものです。本調査レポートでは、国内システム/サービス管理ソフトウェア市場を機能市場セグメント別に分類し、エンタープライズモビリティ管理ソフトウェアの市場だけでなく、クライアントエンドポイント管理やネットワーク管理ソフトウェアなど他のセグメントについても調査結果を出しています。なお、「Optimal Biz」は、本調査レポートにおいて、「国内エンタープライズモビリティ管理ソフトウェア市場 ベンダー別 売上額実績/シェア」の2017年国内EMMのベンダー別売上額実績でもシェアNo.1※4の評価を頂いています。

■「IDC Japan」とは

International Data Corporation(IDC)は、ITおよび通信分野に関する調査・分析、アドバイザリーサービス、イベントを提供するグローバル企業です。50年にわたり、IDCは、世界中の企業経営者、IT専門家、機関投資家に、テクノロジー導入や経営戦略策定などの意思決定を行う上で不可欠な、客観的な情報やコンサルティングを提供してきました。現在、110か国以上を対象として、1,100人を超えるアナリストが、世界規模、地域別、国別での市場動向の調査・分析および市場予測を行っています。IDCは世界をリードするテクノロジーメディア(出版)、調査会社、イベントを擁するIDG(インターナショナル・データ・グループ)の系列会社です。

※1 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:竹内 正人
※2 MDM:Mobile Device Management(モバイルデバイス管理)の略。スマートフォン、タブレット端末の管理、セキュリティをサポートし、端末紛失・盗難時の情報漏えい対策、リモートロック、不正利用アプリケーションの起動禁止などを行う企業向けサービス。
※3 EMM:Enterprise Mobility Management(企業モビリティ管理)の略。MDM・MAM・MCM(デバイス・アプリケーション・コンテンツ)の包括的なセキュリティ管理機能を提供するプラットフォーム。
※4 出典:IDC Japan発刊、「国内システム/サービス管理ソフトウェア市場シェア、2018年:SaaSとITオペレーション分析の本格化」 # JPJ44569319より。